サポーターで矯正 | 外反母趾の治療を受けて体全体のバランスを整えよう

外反母趾の治療を受けて体全体のバランスを整えよう

サポーターで矯正

外反母趾の治療は、変形してしまった足の指を元の位置へ戻すことを中心に行います。
その為、専用のサポーターを装着することになります。このサポーターは、足を補強することで親指と人差し指が重ならないように矯正してくれます。
治療を始めた頃は、違和感がありますが徐々に慣れてきます。慣れてくれば、足の指が正常な位置へ戻ってきている証拠となります。
正常な位置へ戻ってきていることは、足への負担も軽減されていますし、程よく筋肉もついてきているということになりますので歩きやすくなっています。
それに、最初の内はサポーターを付けた状態でないと外反母趾の症状が起こったままですが、時間をかけて元の位置へ戻していけばサポーターが無くても正常な位置に戻っているのが分かります。
完全に元の位置へ戻れば、外反母趾の治療を受けなくてもいいようになります。

外反母趾は、生まれつきという症状ではありません。しっかりと元の位置へ戻してあげれば、必ず改善できる症状になります。
ですから、足に違和感があると思った時はすぐに病院へ行って治療を受けたほうがいいでしょう。
治療を受けることで、歩くことも走ることも苦痛を感じることはありませんし、色々なところへ行けるようになります。
それに、靴に関しても自分に合ったサイズを選べるようになりますので、再発させないように予防することだってできます。
毎日ストレッチも続けていけば、予防だけではなく美脚効果も期待できるので悩んでいる人は病院へ行って治療を受けてみて下さい。